日立 冷蔵庫の故障 F018エラーをタダで直せた (RS380M PAM) とらねこ玩具

とらねこ玩具 Top > スポンサー広告 > 日立 冷蔵庫の故障 F018エラーをタダで直せた (RS380M PAM)とらねこ玩具 Top > 日記 > 日立 冷蔵庫の故障 F018エラーをタダで直せた (RS380M PAM)


 当ブログ”とらねこ玩具”は、http://toranekogangu.com/
 へ移転しました。
 以後、このFC2ブログへの記事投稿はありませんので、
 ブックマークやRSS等の差し替えをお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日立 冷蔵庫の故障 F018エラーをタダで直せた (RS380M PAM)

先週の木曜日あたりから冷蔵庫の冷蔵室が冷えなくなってしまっていました。

うちの冷蔵庫は10年越えの日立 RS380M PAM。

奥さんと結婚した際に、あちらの親御さんが用意してくれたありがたいブツでございます。

実はこれまでも、訳もなくアラームがなるようになったり、今回同様、冷蔵室が冷えなくなったりすることが
度々(たしか3回程)ありましたが、もう完全に保証期間切れなので、その都度、自己対応してきました。

思い返すとなんか毎年、この時期におかしくなってる気がします。

 
アラーム異常の時はF0 02エラーが表示されていたので調べてみると、これはメイン基板と液晶表示基板間の
通信エラーらしく、冷蔵庫が冷えなくなる場合もあるようですが、うちの場合は冷蔵室、冷凍室ともに温度には
異常がなかったので、コントロールパネルの不良と判断し、基盤を注文して交換しました。
たしか部品代送料込で4千円ちょっとくらいだったかな?

蓋を開いてコネクタを付け替えるだけの至極簡単な作業ですが、修理を頼むと出張費やらなんやらで、16,000円
くらい取られるらしいので、自分で交換。アラームはこれで直りました。

冷蔵室の異常については、ググったところ、結露でファンが凍結し、冷蔵室に冷気が回らなくなっているのが
原因らしいとのことだったので、電源を落として半日放置することで、今まではなんとか機能回復してましたが、
今回は一日放置しても、電源投入後まる一日後に再発。その上パネルに"F0 18"とのエラーが出るように。

マニュアルをみても細かいエラーについては記載されていないので、”日立 冷蔵庫 F018”でググったところ、
F018は、霜取りセンサーの異常ということが判明。

どうも日立のPAM冷蔵庫には、コネクタの形状の違いはあるものの、機種に関わらず同じセンサーを使っている
ようで、かなりの量の不良報告が上がってます。
うちより全然新しい機種の修理記事も結構あることから、相当多い不具合なようです。

で、いくつかの修理記事をみていて気づいたのですが、不具合を起こした霜取りセンサーの写真は、
どれも筒部分に貼られているアルミテープが劣化してクシャクシャになっているのと、
数値にバラつきはあるにせよ、テスターで測って数値が出ていること。
そして、新品のセンサーはアルミテープが綺麗に貼られている。

・・・これってひょっとして壊れてないんじゃね?

こんなセンサーは断線さえしなければ滅多に壊れるものでもないし、多分氷が接触してるかどうかを検知する
程度のものだと思うので、それほど厳密な精度も要らないように思えます。
なので、単純にアルミテープに浮きが出来て氷が接触してるかちゃんと検知できてないだけなんじゃ?・・・。

ということで、この日は土曜日でコールセンターも休みで部品注文にかなり時間がかかってしまうこともあり、
とりあえず試してみることにしました。

細かい手順は写真つきで解説しているサイトさんがたくさんあるので、そちらを参考にして頂くとして、
ざっと手順を記載すると、

1.コンセントを抜き、
2.野菜室の天板を中央にたわませて手前にある2つのロックをはずしてから天板を引き抜き、
3.野菜室奥のパネルをドライヤーで少し温めて霜を取ってから、
4.四隅にあるネジを全部とってパネルを外し(ファンはパネル側に固定されているので、ケーブルに注意)
5.中のセンサーを見てみると、案の定センサーのアルミテープがクシャクシャになっていたので、
6.ヒーターにセンサーを固定しているロックタイをヒーターに傷がつかないよう慎重にニッパーなどで
  切断して取り外し、
7.センサーにアルミテープを空気が入らないよう綺麗に貼り直し。
8。元に戻して終了。

ちなみにアルミテープはとくに特別なものではなく、台所のシンク用などとして売られているごく普通のもので、
先日も塗装ブースのダクトを繋ぐのに使用したものです。

で、現在とりあえず修理?してから4日ほと経ちましたが、今のところすこぶる快調。

乱高下していた冷蔵室の温度も5度以下をキープ出来る様になり、H表示(温度が高過ぎるエラー)も、
F018エラーも出てません。

この不良は、センサーの部品注文で840円(送料別)、出張修理を頼むと12,800円もかかるらしいので、
アルミテープ代(うちは元々あったのでタダ)だけで直せたのは結構助かりました。

それにしても、ようするに出張費と取り付け作業費だけで12,000円も取られるのは高い。
っていうかそれ以前に、この不具合で金取るって企業倫理的にOKなの?
穿った見方をすれば、時限的に不具合が発生するようにしてあるようにすら思えるんだけど・・・。

もちろん、本当にセンサーがイカレている場合もありますし、パーツやテープの耐久力の問題もあるので、
思い切って部品交換したほうが良いという判断もあると思いますので、この方法が一番とは言いませんが、
他のものならともかく冷蔵庫は何日も止めておくことはできないので、パーツ注文で数日かかることを考えたら、
とりあえず試してみる価値はあると思います。

※センサーは、霜取りヒーターにロックタイでくくりつけられていて、薄く鋭利で柔らかい冷却フィンも付近に
あるため、破損や怪我をする危険はゼロではありません。自身で作業する際は必ず自己責任で行ってください。



また、F018エラーが出ていない状態で冷蔵室が冷えず、H表示がでたりする場合は、単に結露でファンが回って
いない可能性が高いので、冷蔵庫の電源を半日落とす程度で回復するケースも多いと思いますが、
暑い季節だと長時間冷蔵庫の電源を落とすのは、結構食材にリスクがありますよね。

冷蔵庫が上から冷蔵室、野菜室、冷凍室となっているものは、構造上野菜室の奥に冷蔵室へ冷気を送るファンが
付いてると思いますので(メーカーや機種で違う可能性もありますが)、
その場合は、一度コンセントを抜き、野菜室の奥をドライヤーで数分温めるだけで十分だと思います。
要はファンとその付近の結露を取り除けば良いので。

まあ、実際に確認してないので予測が入りますが、霜でファンが止まること自体、センサーが働いてないので、
この段階でセンサーのアルミテープの状態を確認したほうが早いかもしれません。

以上、うちのブログとは関係のないテーマでしたが、同社製で同症状の方のお役に立てれば何よりです。
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。