ROBOT魂 フルアーマー・ユニコーンガンダム (ユニコーンモード) レビュー とらねこ玩具

とらねこ玩具 Top > スポンサー広告 > ROBOT魂 フルアーマー・ユニコーンガンダム (ユニコーンモード) レビューとらねこ玩具 Top > ROBOT魂 > ROBOT魂 フルアーマー・ユニコーンガンダム (ユニコーンモード) レビュー


 当ブログ”とらねこ玩具”は、http://toranekogangu.com/
 へ移転しました。
 以後、このFC2ブログへの記事投稿はありませんので、
 ブックマークやRSS等の差し替えをお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROBOT魂 フルアーマー・ユニコーンガンダム (ユニコーンモード) レビュー

HGUCに続きロボット魂でもフルアーマー・ユニコーンガンダムがリリース。

ROBOT魂 <SIDE MS> フルアーマー・ユニコーンガンダム (ユニコーンモード)
価 格:5,775円 
発売日:2013年05月25日
ROBOT魂 フルアーマー・ユニコーンガンダム (ユニコーンモード)

 
パッケージ
P2540868

P2580300
P2580290


セット一式
P2550046
大量の武装類が付属します。今回は軟質アンテナはなし。
P2550060

付属品
オプションハンド
P2580578
握り手の他に銃持ち手と、グリップ用持ち手、平手が付属。

ビームマグナム
P2580587
フルアクション デストロイなどに付属したものと同じ。

ビームサーベル
P2580598
ビームサーベルエフェクトは白のグラデーション付きなのもデストロイと同じ。
P2580611
トンファーサーベルにする際は手首付近の装甲パーツを取り外して展開させます。

ハイパーバズーカー
P2580544
ミサイルとグレネード付きのバズーカー。
P2580557
取り外して通常のバズーカーにすることも出来ますが、砲身は短い状態のままです。

ビームガトリングガン
P2580530
6丁3組が付属。こちらもデストロイに付属したものと同じ。
P2580536
なので、組み換えでシングルガトリングにも出来ます。

シールド
P2580565
シールド3枚、ジョイントはガトリング用と腕用が2セットずつ付属。
P2580723
シールドは展開可能ですが、サイコフレーム部はシルバーになってます。

ブースターユニット
P2580515
プラ製で軽く作られてますが、やはり長いのでこれを付けた状態での自立は困難。

バックパック拡張フレーム
P2580522
スタンド接続口も付いてます。

脚用ミサイルラック
P2580728.jpg
脚のダボに差し込んで接続。

スタンド
P2580604
本体用と、ブースターを固定するためのアームが2本付いてます。

スタンド用ジョイント
P2580581
FAなし状態で展示する際に使用します。

本体
P2580322P2580347
P2580340
P2580353

バストアップ
P2580310
P2580304P2580317

旧ロボット魂ユニコーンモードと比較
P2580742.jpg
デストロイモード FAVer.同様、大型化し、がっしりした体型に。
なにげにフロントアーマーや膝などグレーの配置が変わったりしてます。
P2580749.jpg

デストロイモードと
P2580398
バックパックごと差し替えれば、デストロイモードにフルアーマー装備を装着することも可能。
P2580503
ただし、デストロイモードには脚のダボ穴がないので、脚用ミサイルを取り付けることは出来ません。

HGUCと比較
P2580371
大きさは殆ど同じ。
P2580375
ロボット魂のほうが、バズーカーが長く見えますが、取り付け位置が違うだけで長さは殆ど同じになってます。



アクションショット
P2580411
P2580425
P2580455
P2580474
P2580482
P2580493

P2580618

P2580660
P2580691

P2580706

P2580641
P2580637
P2580651

スケジュールの都合で、バンシィ・ノルンと前後してしまいましたが、こちらもノルン同様、中々の完成度。

武装も大半がデストロイのものを流用しているので、HGUCと違いガトリングガンの分離やシールドの展開ができるなど、
ギミックも優秀です。

ただ、ガトリング・シールド時にシールドが外れやすいというダメな部分も引き継いでしまっているのは残念。

また、本体単体でのアクション性はロボット魂のほうが優秀なのですが、フルアーマー形態ではガトリングやシールドが
バックパックのフレームにガツガツ干渉するため、ほとんど腕を動かすことができません。なのでその点は、
HGUCのほうが優れてると思います。

そして個人的に一番残念だったのは脚のミサイルの接続をダボ式にしたため穴のないデストロイモードには
取り付けることができない点。

まあ、見比べてみても他の接続方法は思いつかないので仕方ないですが、この辺もHGUCの方に分があります。

しかし、こうなるとデストロイモードはグリーンフレームで3度目のモデルチェンジがありそうな感が強まりましたね。

バンシィのようなサプライズ装備があるのか(個人的にはユニコーン用のアームド・アーマーDEでも可。)や、
サイコフレームのクリアパーツ化などまだグレードアップの余地はあるので、今後の展開に期待したいです。


・楽天でも探してみる


関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。