バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション 感想 とらねこ玩具

とらねこ玩具 Top > スポンサー広告 > バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション 感想とらねこ玩具 Top > 未分類 > バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション 感想


 当ブログ”とらねこ玩具”は、http://toranekogangu.com/
 へ移転しました。
 以後、このFC2ブログへの記事投稿はありませんので、
 ブックマークやRSS等の差し替えをお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション 感想

先日Twitterでぼそっとつぶやきましたが、発売から一週間遅れで、
PS3版のバイオハザード リベレーションズ アンベールド エディションをプレイし始めました。

なので、進行状況は、まだ中盤(NOMAL EP8、DARK ST10)です。

BIOHAZARD REVELATIONS UNVEILED EDITION (PS3版)
価 格:4,900円 
発売日:2013年05月23日
P2570335.jpg

リベレーションズは3DS版をかなりやり込んだので、ちょっと新鮮味が無くて買うか迷ってたんですが、
RE.NETとの連携と、レイドモードでレイチェルが使えるという事で購入してみました。

うちはゲームのブログではないのですが、BHは最近ゲームをすることの少なくなったとらねこがやり込む
数少ないタイトルの一つなので、簡単に感想を。

 
ちなみに他はゼルダ、モンハン、ドラクエ、FFくらい。 
中でもゼルダはかなり好きで、GB以外のタイトルは全部やりました。


良い点や新要素

・L2、R2ボタンが増えたため、格段に操作しやすくなった。
3DS版ではその都度ボタンで切り替える必要のあったジェネシス起動もL2で一発で出来る様になり、
サブウェポンも使いやすくなりました。

・画面が綺麗
3DSには、3D表示があり画面もかなり綺麗でしたが、ここは据え置き機の強みで、細部までハッキリし、
よりリアリティが出てます。

・レイチェルやハンクがレイドモードで使用可能
特定の条件を満たせば、レイドモードでレイチェルが使用できるようになります。

有料のようですが、感染レイチェルや、レディハンクというのも使用できるようです。

とりあえず、大きな購入動機になったレイチェルをプレイしてみましたが、日本語の声や口調はギャル系。
ショットガンとマグナムのスキルがあり、動きは早く扱いやすいです。結構万人向けのキャラといった感じ。

ちなみにとらねこは、メインウェポンがライフル(村正が好き。)なので、3DS版ではずっとジェシカ2を
使ってました。

・RE.NET対応
すれ違いが使えなくなった代わりにRE.NETに対応。

連日ログインや、ゲーム進行に応じて入手出来るRE POINTを使って、武器やカスタムパーツと交換でき、
レイドモードで使用できます。

プレゼントコード入力で、特定の武器を簡単に手に入れることもできます。
(コードはちょっと調べればすぐわかります。有効期限があるものもあるので注意。)

・キャンペーンモード 難易度 INFERNAL追加
3DSのHELLに代わり、新たな難易度 INFERNALが追加されてます。
まだそこまで言ってないので詳細はわかりませんが、敵の強さはもちろん、クリーチャーやアイテムの
配置なども大幅に変更されているようです。

そのほかにも細かい部分で色々な新要素があり、3DS版をプレイしていてもこれ何?と思うことが結構あります。


というように、価格も抑え目で、新要素盛りだくさんですが、残念ながら問題点もちらほら。

・読み込みが長い
もしかしたらRE.NETとの通信が一因になっているのかも知れませんが、全体的にロード時間が長いのが
気になります。BH6より長いです。

また、最近はありませんが、序盤はプレイ中に処理が追いつかなくてコマ落ちのように一瞬固まる事も
何度かありました。

ディスク版のせいなのかな?正直3DSからの移植版がこんなに重いと思ってなかったので、
ちょっとストレス感じます。メディアインストール機能付けるとかすれば良かったのに。

・モード選択画面が小さい
元々が3DSの小さな画面に合わせた情報量のレイアウトにしているせいだと思いますが、選択画面が
中央によっていてなんか妙に小ぢんまりしてます。

せっかく据え置き機なのでもっと広く大きくとって欲しいです。


包括
このバイオハザード リベレーションズは元々とても良く出来ていて、シナリオ、システム共に
シリーズの中でもトップレベル。ウザイOTEも無いし、BH1などに近いシステムで操作しやすい。

個人的には、名作BH4に次ぐ出来だと思ってます。

ちなみに最近のゲーム機で発売されたバイオハザードの個人的な順位は、
BH4(wii) > BHR(3DS、PS3) > BH1(wii) ≧ BH0(wii) ≧ BH5 AE(PS3) > BH6(PS3) といった感じ。

BH2もやったことあるんですが、PS版しかやってないので古すぎて記憶がおぼろ。

BH4のWii版はwiiリモコンで銃のポインタも操作出来たため体感的にプレイでき最高に面白かった。
BH6もシナリオは悪くないと思うんですけどね。操作性や武器のカスタマイズが無いなどシステムが
ちょっと・・・でした。

なので、3DS版をやったことが無いのであれば文句なしでオススメ。

そして、なんといってもこのアンベールド エディションの魅力は、RE.NETとの連携にあると思います。

RE.NETのおかげで強めの武器やパーツが入手しやすくなっているので、レイドモードについては、
初心者、経験者ともにストレスをあまり感じずにゲームを進めるようになってます。

ただ、全体的に敵が3DS版より強くなっているようにも感じます。多分ブランクで腕が落ちただけではないくらい。
なので、武器がある程度決まっているキャンペーンモードでは、ノーマル難易度でも手こずるところが
結構あるので、INFERNALがクリアできるのか今から心配。

まだ、始めて間もないので、他にも良い点、悪い点あるかもしれませんが、現時点では3DS版をプレイ済みでも
とても楽しくプレイ出来てます。

ということで、今回はバイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション の感想をお送りしました。


ちなみに、とらねこのRE.NETのニックネームは、”toraneko”。オンラインIDは”mu004”です。ハードはPS3。

よかったら、サイトバディ申請してください。よろしくです。


・楽天でも探してみる


関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。