LBX ドットフェイサー 素組み レビュー (ダンボール戦機WARS) とらねこ玩具

とらねこ玩具 Top > スポンサー広告 > LBX ドットフェイサー 素組み レビュー (ダンボール戦機WARS)とらねこ玩具 Top > ダンボール戦機 (W、WARS) > LBX ドットフェイサー 素組み レビュー (ダンボール戦機WARS)


 当ブログ”とらねこ玩具”は、http://toranekogangu.com/
 へ移転しました。
 以後、このFC2ブログへの記事投稿はありませんので、
 ブックマークやRSS等の差し替えをお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LBX ドットフェイサー 素組み レビュー (ダンボール戦機WARS)

ついに新シリーズWARSに突入したダンボール戦機シリーズ。
第一弾は、マルチギミックサックをを搭載した主人公機、ドットフェイサーがリリース。

キットの状態は、素組み、シール未貼り付けです。

1/1 ダンボール戦機WARS (ウォーズ) LBX 042 ドットフェイサー
価 格:1,050円 
発売日:2013年04月24日
P2480266s

 
パッケージ
P2470790
今までのLBXよりも兵器色の強いデザインになり、目に瞳がついたのが特徴的です。

P2480076.jpg
P2480078.jpg

塗装見本
P2470792

ホイルシール
P2470789


神威大門統合学園校章(キャンペーンアイテム)
P2470934
雑誌によると初回特典ではなく、チケットと引き換えに貰えるもののようですが、
とらねこが買ったところでは何も渡さなくても初回特典的な扱いで貰えました。
P2470788P2470942
ボールチェーンでキーホルダーに出来る他、裏面には持ち手がついているので、LBXに盾としてもたせることも出来ます。
P2470859


セット一式
P2470881
ウォーズになってダイズ関連は完全になくなりました。内箱にプリントされていたスゴロクも無くなってます。

付属品
ゼットシールド
P2470929.jpg

シューターパーツ
P2470916P2470893

ソードパーツ
P2470907
P2470897

ランス用エフェクト
P2470924


本体
P2470795P2470805
足や腰に付いているタイヤは回転します。
P2470794P2470810
肩のミサイルポッドや、脚の赤部分などパーツ割りで色分けされているので、未塗装状態でも見栄えは充分です。

バストアップ
P2470833
特徴的な目の瞳部分は、パーツ割りで再現されてます。
P2470844P2470850


マルチギミックサック

ゼットシールド収納
P2470814P2470818
ゼットシュート(グリップ収納状態)と、ゼットソードは、ゼットシールドに収納して背中に装着可能。

ゼットソード
P2470963
使用パーツ。
P2470967
刀身を伸ばしてゼットソードになります。
P2480040

ゼットシュート
P2470976P2470981
展開状態のグリップを装着してゼットシューターになります。
P2480050
(収納形態)
P2480062P2480066
グリップの閉じた状態を装着してシューター収納形態。シールドに収納する際に使用します。

ゼットハンマー
P2480009
使用パーツ。
P2480014
シューターとソードを合体させ、シューターのマガジンの取り付け位置を変更して、ゼットハンマーになります。
P2480023

ゼットライフル
P2470988
使用パーツ。
P2470997
シューターとソードを合体させ、銃身とストッックパーツを取り付けてゼットライフルになります。
P2480033

ゼットランス
P2470956
使用パーツ。
P2470950
5形態中最も長いゼットランス。形状はランスというより大剣です。
P2480087


アクションショット
P2480218
P2480233
P2480222
P2480241

P2480166
P2480161
P2480142

P2480209
P2480195

P2480175
P2480181
P2480188

P2480100
P2480125
P2480128
P2480114

P2480271

今回より新シリーズでの展開が始まったダンボール戦機LBXシリーズですが、関節のポリキャップ構造はWのころと
変わってません。また、胸のコアチップは省略され胸にモールドされた状態に変わりました。

そして、個人的にはまったく不要だったダイズ関連もなくなり、その分武器ギミックに拘った内容になっているため、
非常にプレイバリューが高く、新シリーズへの変化が感じられます。

色分けもそこそこ優秀で、要所要所に赤パーツが配されているので、未塗装状態でも中々見映えがよくなるよう出来ています。

上位モデルのハイパーファンクションも次回作はルシファーに決まり、シリーズ継続してくれそうなので、今後の展開に
期待です。


関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。