ハイパーファンクション LBX ジ・エンペラー レビュー (ダンボール戦機) とらねこ玩具

とらねこ玩具 Top > スポンサー広告 > ハイパーファンクション LBX ジ・エンペラー レビュー (ダンボール戦機)とらねこ玩具 Top > ダンボール戦機 (W、WARS) > ハイパーファンクション LBX ジ・エンペラー レビュー (ダンボール戦機)


 当ブログ”とらねこ玩具”は、http://toranekogangu.com/
 へ移転しました。
 以後、このFC2ブログへの記事投稿はありませんので、
 ブックマークやRSS等の差し替えをお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイパーファンクション LBX ジ・エンペラー レビュー (ダンボール戦機)

ライバル機のエンペラーがHFで再登場。
キットの状態は、素組み(パチ組み)、未塗装、シール未貼り付けです。

1/1 ダンボール戦機 ハイパーファンクション 002 LBX ジ・エンペラー
価 格:2,625円
発売日:2013年03月23日
ハイパーファンクション LBX ジ・エンペラー

 
パッケージ
P2410150

P2410445
P2410454

セット一式
P2410375
エンペラーのアーマーフレームと武装、コアスケルトン、オプションハンド。

シール
P2410152P2410151
コアスケルトン用はアキレスと同じで目のシール。エンペラー用はティターニアと手甲のフォローシール。

デカールシール
P2410153
アップグレード用のデカール。

P2410406
シールを貼るのに便利なベラが付属。

カラーガイド
P2410154
ハイパーファンクションはマニュアルの背表紙に塗装見本とカラーガイド付。

オプションハンド
P2410411
親指を立てた左右の持ち手と左の平手が付属。

武器
P2410395
色の多いティターニアですが、パーツ分割により色分けはほぼ完璧。中央の円が本来は薄紫ですが、
別にこのままでも良い気がします。

マント
P2410389
マントが布製になり、特徴的な柄もプリントされてます。

コアスケルトン
P2410350P2410356
今回は薄いグレー。形状はアキレスのものと同じ。

P2410359
コアパーツはクリアブルー。

P2410399
合体時には足を差し替え。


本体
P2410417P2410428
顎がシャープになり以前より面長でいかつい形状になってます。
P2410421P2410438
腰アーマーの小さいグレーと赤の色分けまで再現。

バストアップ
P2410246
胸中央の丸部分はコアと同じクリアブルー成形。Mの字も再現されてます。
P2410255P2410261
P2410272P2410275
肩のトゲは一つ一つ別パーツで、赤いパーツに被せる形になってます。
P2410279

可動
ハイパーファンクション LBX アキレス & AX-00 レビュー参照。


通常版と比較 無印は筆塗りで塗装。マントも布を切り抜いたものに変えてあります。
P2410471
コアに被せる2重構造になりパーツの密度は増しているにも関わらず、旧キットよりスリムなスタイルになってます。
P2410465
背はほぼ同じですが、腰アーマーが小型化し、腰の位置も少し上がっているので、足が長く見えます。
P2410477
HFはマントの根元のプラパーツで曲線を出してるので、綺麗にたなびきます。

アクションショット
P2410491
P2410499
P2410530
P2410613
P2410535
P2410558
P2410574
カスタムウェポンのランチャー
P2410630
P2410640
P2410622

P2410671
P2410643
P2410660

アキレス以上に細かい色分けがあるため、旧キットでは塗装の必要な箇所がかなりありましたが、さすがハイパーファンクション。
手の部分以外はほぼ完璧に色分けされてます。

ティターニアも大振りで柄も長くなっているので、以前のように小さく感じることはありません。

コアスケルトンの各部関節部もアキレスのものと同様、程よく固めで、重くなったティターニアも片手でしっかり支えられます。

スタイルも申し分なし。

ここまでパーツ分け出来るのであれば、大抵のLBXに対応出来そうなので、今後もどんどんHFでの展開を続けていって欲しいです。

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。