RG フリーダムガンダム レビュー とらねこ玩具

とらねこ玩具 Top > スポンサー広告 > RG フリーダムガンダム レビューとらねこ玩具 Top > RG > RG フリーダムガンダム レビュー


 当ブログ”とらねこ玩具”は、http://toranekogangu.com/
 へ移転しました。
 以後、このFC2ブログへの記事投稿はありませんので、
 ブックマークやRSS等の差し替えをお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RG フリーダムガンダム レビュー

塗装はセンサーと銃のスコープ部をクリアブルーにしただけで、他は完全素組みに、メラミン磨きしてあるだけです。

RG 1/144 ZGMF-X10A フリーダムガンダム (機動戦士ガンダムSEED)
価 格:2,625円
発売日:2011年11月19日
P1490179

 
P1480812

素立ち
P1480548
P1480596

バストアップ
P1480570
今回、目はお手軽にリアリスティックデカール1の73を使用。
P1480577
頭部のバルカンは、MMI-GAU2ビクウス・76mm近接防御用機関砲というらしい。

ルブス・ビームライフル
P1490116
P1490131P1490139
腰にマウント可能。

対ビームシールド
P1490098
P1490105P1490111
グリップは結構、自由な位置、向きで取付可。

付属品
P1480631
ビームサーベル かなり長め。

オプションハンド
P1480660P1480668
握り手(左右)
P1480647P1480650
銃持ち手(右)と平手(左)

P1480682
リアリスティックデカール1

P1480686
リアリスティックデカール2

P1480743P1480748
アクションベース用ジョイントパーツ。

P1490144P1490147
1/144 キラ・ヤマト

細部
P1490441P1480612
P1480609P1480615
P1480843
P1480855

可動
P1480723P1480739
首、腰
P1490435P1490426
コクピット部が可動。
P1490381P1480717
肩、肘
P1490506
親指と人差し指が独立可動
P1490487P1490480
人差し指と他三本は、第2関節が可動。
P1480769P1480772
太ももがスライド。
P1490281P1490274
羽分割
P1490272P1490264
M100 バラエーナ・プラズマ収束ビーム砲 ひっくり返して折り曲げる。
P1480780P1480791
MMI-M15 クスィフィアス・レール砲
P1490332
グリップ
P1480758
肩と股
P1490346P1490362
ロックを外すと下げられる。
P1490378P1490364

アクション
P1490157
ルブス・ビームライフル
P1490447
P1490460
P1490424

P1490404
P1490390
P1490412

ラケルタ・ビームサーベル
P1490030
P1490024
二刀流
P1490032
P1490035
P1490052
アンビデクストラス・ハルバード(サーベルを繋げた状態)
P1490070
P1490082
P1490091
MMI-M15 クスィフィアス・レール砲
P1490289
P1490309
M100 バラエーナ・プラズマ収束ビーム砲
P1480996
P1490017

フルバースト・モード(バラエーナ・プラズマ収束ビーム砲x2、MMI-M15 クスィフィアス・レール砲x2、ルブス・ビームライフルの一斉射撃。)
P1480870
P1490167
P1490184
P1490200
P1490217

P1490234
VS.プロヴィデンスガンダム
RG フリーダムガンダム

とらねこは、HGフリーダムとジャスティスのプロポーションが気に入らず購入せずにいましたが、

このRGフリーダムはロボット魂のSEED系のように細すぎることもなく、HGフリーダムのようにちょっと太く感じることもなく
非常にバランスの良い、優れたスタイルだと思います。

RGなので、当然パーツ割も完璧で、塗装が必要なのはセンサーやスコープ部などのクリアパーツと銃口を黒く塗るくらいで済みます。

また、RGストライクでは、可動指の手に銃を持たせるしかなく、保持力と持たせやすさに難がありましたが、
今回のフリーダムには、ちゃんと銃用の持ち手が付いており、非常に好印象。

難点は、一番外側の羽2枚が外れやすいこと。これは、とらねこの組み立てに問題がある可能性もありますが、
少しいじると外れてしまったりしてちょっとストレス感じました。
まあ、軸を太らせるなりなんなりすれば解決するので、大した問題ではないですけど。

RGシリーズはディテールが細かく情報量が多いので、人により好みが分かれると思いまが、
徹底的に情報量を増やしたい人はスミイレしてデカールまで貼ればいいし、
あんまりうるさいのが好きでない人は、スミイレしないか、必要最低限だけすれば、HGと一緒に並べても違和感なく仕上げられます。

とらねこは、あんまりうるさいのが好きでないので、スミイレしてません。銃口ぐらいは後で塗るつもりですが。

いずれにせよ、このクオリティが実質二千円ぐらいで買えるのは驚きです。おすすめ。

ということで、RG フリーダムガンダムのレビューでした。

7月発売のジャスティスも楽しみです。

 
・あみあみ

・楽天で探してみる
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

まとめwoネタ速neo - 2012年05月09日 03:46

まとめtyaiました【RG フリーダムガンダム レビュー】

今回は、RG フリーダムガンダムのレビューです。塗装してあるのはセンサーと銃のスコープ部をクリアブルーにしただけで、他は完全に素組みで、メラミン磨きしてあります。R

URL :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。