ウルトラソニック 超音波洗浄噐 UL-600 レビュー とらねこ玩具

とらねこ玩具 Top > スポンサー広告 > ウルトラソニック 超音波洗浄噐 UL-600 レビューとらねこ玩具 Top > 模型ツール > ウルトラソニック 超音波洗浄噐 UL-600 レビュー


 当ブログ”とらねこ玩具”は、http://toranekogangu.com/
 へ移転しました。
 以後、このFC2ブログへの記事投稿はありませんので、
 ブックマークやRSS等の差し替えをお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルトラソニック 超音波洗浄噐 UL-600 レビュー

プラモをメラミンで磨いたりするせいもあって、いざ写真を撮ってレビューしようと思うと
溝や隅に埃が写っててゲンナリってことが多々あり、以前から超音波洗浄噐の購入を検討してたところ、
この機種が、イエサブやビージェイなどいろんな有名模型店で取り扱ってるのが目に付いたので、
どうせならと思い人柱覚悟で、先月購入してひと月使ってみました。

浦和工業 ウルトラソニック 超音波洗浄噐 UL-600
価格:5,040円(実売価格3,990円くらい)
P1350367

本体仕様
・定格電圧:100V
・定格周波数:50/60Hz
・発振周波数:43kHz
・洗浄槽内容量:約550ml
・洗浄槽寸法:幅14×奥行12×高さ4cm
・タイマー:3分
・重量:880g
・消費電力:35W
・寸法:幅18×奥行21×15cm


P1350364
・・・かなり安っぽいデザイン。いかにも海外生産品な感じ。

P1350374
付属品は、洗浄カゴと、ディスクホルダー。
箱の外観はチャチイが、本体は意外としっかりした作り。電源コードは取り外せず、長さは1.5m程。
適度に重さもあり安定感があります。

P1350426P1350422_.jpg
カゴは取っ手が稼働して取り外さなくても洗浄槽に収められます。

P1350406
スイッチはこれだけの簡単操作。一回押すと起動。もう一回押すと停止。
タイマー機能があるので、起動後3分で自動停止。

P1350402
起動中、青いランプが点灯。
浴槽からジジジジーって音がします。大した音ではありませんが、この音を聞くと逃げる猫がいます。

P1350394
洗浄槽内。容量的にはガンプラの1/144が一体余裕をもって入る程度。
ばらしてもHGのパーツぐらいなら、一度に洗浄出来ます。MGは何回か分けてやらないと無理かな。
よっぽど大きなパーツで無い限り入ると思います。今のところ、タミヤの長い金ヤスリが入らなくって困ったくらい。

ただ、どっかで読んだんですが、高い超音波洗浄機と安いものの差のひとつは、超音波が浴槽内に均等に
いきわたらず”まばら”になることのようです。
なので、パーツを入れる量は少なめにして、振動でパーツが泳ぐぐらいの量にした方が、
まんべんなく超音波にさらされるので、高い洗浄力を受けられるように感じます。

P1350378
水を入れてもいいライン。
MAXと書いてあるのでここまで水を入れるではなく、
洗浄物を入れた状態でも、ここより上に水が行かないようにしろということだと思われる。

超音波洗浄器のレビューを見ると、槽とガワの隙間から水が入って壊れたというのを何件か目にしたが、
これは、槽とガワの境にしっかりゴムパッキンが入ってるので大丈夫そう、でも本体は防水ではないと
説明書に書いてあり、底に小さな穴いっぱい空いてるのでがまる洗いはダメ。

P1350398
使用前。片側だけヤスリがけして、溝を埋めてみる。

P1350410
使用後。水を拭いてしまうと一緒にゴミも拭き取ってしまうので、まったく触れてない状態で。
とりあえず溝に詰まってた削りカスも綺麗に取れました。


いろんな模型店で売られている理由が、販売元の営業の成果なのか、模型店が性能を認めたためなのかは
知りませんが、ひと月(10数回程)使ってみた感想としては、値段の割にはゴミが良く取れると思いました。
溝に詰まったカスとかも結構取れる。

ただ、ゴミのたまった面が上を向いてしまったり、強固にこびりついていたりすると取れてないことが結構あるので、
盲目的に洗浄したから全部ゴミが取れたとはならず、一通りカスが残ってないかパーツチェックする必要はあります。
とはいえ、これはボークスにあった高い洗浄器でも同様に試したけど取れなかったので、仕方ない様です。
(異音がしてたので壊れかけてたかも知れませんが。)

また、今のバンダイのプラモでは、わざわざ洗浄して剥離剤をとる必要はないそうですが、
ティッシュで拭いてみるとパーツが汚れてるのが判る場合があるので、塗装する場合は一応洗浄していましたが、
中性洗剤を数滴入れてこれを使えば、結構綺麗になるので、ランナーごとパーツを洗浄する手間を省略できそうです。

ということで、個人的には満足のいく性能でした。
プラモのパーツだけでなく、ヤスリやドリルなどの工具に詰まった削りカスも取れるので、意外と重宝します。
アクセサリーやメガネの洗浄にも使える(本来その為のもの)ので、コストパフォーマンスを考えれば
結構良いものだと思います。海外製なので耐久性には不安がありますが、一応6カ月のメーカー保証も付いてますし。

以上、ウルトラソニック 超音波洗浄噐 UL-600のレビューでした。
壊れたりなにかあったらまたこの記事に追記します。


追記:2012/08/28 半年以上経過し、その間、結構使ってますが、いまのところ快調に動いてます。
使用後ちゃんと水を拭き取っていれば特にシンクが錆びることもパッキンが痛むこともないです。

買った機種

迷ってた機種

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。